So-net無料ブログ作成
検索選択

【予知 予言】ノストラダムスの予言は的中していた!2016年から始まる終末予言 ① [ノストラダムスの大予言]

「1999年7の月」の予言は、実は的中していた!!

1.jpg
http://plaza.rakuten.co.jp/reijin2004/002000/




【Sponsored Links】










1566年7月2日、62歳で生涯を終えたノストラダムスを世界中に

知らしめたのは、世に名高い「ノストラダムスの大予言」なの

です。

あまりにも有名な予言として「1999年人類滅亡」があります。



この予言は、5章の72番目の詩で、

『1999年の7の月 天から恐怖の大王が現れるだろう

 彼はアンゴルモアの大王を復活させ 

 その後は火星が幸せに統治するだろう』

という和訳になります。


これが、人類滅亡の予言だと断言できるだろうか?

直訳を読むだけでも、どこにも「人類滅亡」とは書いていない。

逆に、世界は継続(その後は火星が幸せに統治するだろう)する

と書いています。






【Sponsored Links】










そもそも、ノストラダムスの予言は、西暦3797年まで続いて

いるのです。


それでは、なぜ?1999年人類滅亡と和訳されてしまったのか?

1999年の年が2000年問題等、世紀末の年であった為に、テレビ

メディアで、この予言を部分的に取り上げ、有名にしてしまった

ことにより、世界中が信じてしまったのです。



日本でも、ノストラダムスの大予言として書物が発売され、

ニュースでその書物を取り上げられ、特番が放送されるくらい、

話題となっていました。



それでは1999年の7月の予言とは、なんだったのか?



実は、見事に的中していたのです。

ノストラダムスの大予言は「人類滅亡」ではなかったのです。



【続きは②へ】









【Sponsored Links】






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。